FC2ブログ

時間について Ⅰ

どこまで行っても自分にある時間は、只今現在のみで、
幅のある時間は捉えることはできない。
過ぎ去った過去はすでにないし、来るべき未来はまだない。
なのに私たちは過去について懐かしく語り、
未来について夢見て語る。
この「時間」というものはいったい何なのだろうか。

過去については、人間の記憶の中にある。
一時間前の記憶であったり、一ヶ月前の記憶であったり、
一年前の記憶であったりするが、
その記憶自体は、現在の自分の脳の中にあり、
現在の自分の脳の状態なのだ。
過去そのものはどこにもないのである。

未来については、人間の希望や夢の中にある。
それではこの希望や夢はどこから来るのだろうか。
赤ん坊のときには希望も夢もなく、
只今現在があるのみである。
それが成長するにしたがって、いろいろの能力がついてきて、
その能力で「明日はあれをしよう」などと
時間の感覚が生まれてくるのである。

成人すればもっと大きな能力が具わり、
大きな夢や希望が生まれる。
夢や希望は能力が支えているのである。
この「能力」も可能性としてあるもので、
未来そのものではない。

このようにして時間は、現在の人間の中に、
記憶として、希望や夢としてあるもので
この世界のどこにも存在しないものなのである。



時間についてⅡ↓へつづく、

https://shachihoko7.blog.fc2.com/blog-entry-1386.html

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

相対性理論では時間が何次元とされるのかが知りたかったのですが、もし、1次元とされているようでしたら、サボテンさんの理論は凄いことを言っていることになります。それに挑戦しようという意欲には頭が下がります。

No title

特殊相対性理論はある意味簡単なので、本で読んでいます。光速が、どんな場合でも一定だと仮定すると、速度、距離、時間の全てが相対的なものになるということです(時間は一次元です)。相対性理論は難しすぎて何が書いてあるのかも普通の人間には理解出来ないそうなので、読んだこともありません。相対性理論の特定の条件における理論が特殊相対性理論だという事なので、相対性理論の中では時間も曲がっているかも。ごめんなさい、私は知りません。 サボテン

No title

なるほど。時間の計測者は複数必要ですか。不勉強で申し訳ないですが、相対性理論では、時間は何次元とされるのでしょうか。空間が重力で曲がるという話は聞いたことがありますが、時間が曲がるというのは知りませんでした。

No title

>続きです。 時間が一次元だと、今(現在)しか観測出来ませんが、二次元だとその現在が複数存在し、それを同時に観測出来ます。多次元時間の思考はきっと、そこからスタートだと思います。 時間平面(面積)が、何を表しているのかを、、、、、。 サボテン

No title

>続きです。 まずは宇宙の始まりを時間の始まりと仮定して、三次元の時間球でなく、平面宇宙と平面時間が膨張(面積拡大・時間平面拡大)していると仮定して考えてみませんか? サボテン

No title

時間が一次元だとすると、時間が曲がることは有り得ないです。時間も立体や空間と同じように曲がる(2次元以上の概念)と考えれば、時間は曲がり、そして元に戻ることも表現可能となります。本来3次元で考えるべきかと思いますが、その限定されたケースである二次元で、まずは考えた方がまとまりますかね。時間を個人レベルにまで限定すると、相対的にはなり得ず、一次元になることは自明です。だから、少なくとも時間の計測者は 二人以上必要です。

No title

「絶対0の時間」ですか。ちょっとイメージするのが難しいですね。時間というのは世界全体に流れてはいますが、タイムマシーンなどを考えるときは、個人レベルで時間を捉えなければ意味がないと思うのです。そうなるとどうしても1次元の時間になってしまわないですかね。

No title

時間を三次元で考える為には、どうしても絶対0の時間が存在することを仮定しなければ、論理を展開出来ないように思います。つまり、時間は相対的な概念だと捉え、時間そのものが、その観測点によって長くなったり短くなったりするとしながら、絶対0の時間を設定する。そこから宇宙そのものが、時間を含めて四方八方に向かってスタートしたと仮定する。どうも、最初から自己矛盾している気がして、まとまりません。サボテン

No title

コメントを拝見して考えていると、だんだん時間と空間の区別が出来なくなってきました。いったい時間というものをどのように捉えたら良いのか、しっかり位置づけをしておかないと、時間と空間を混同してしまいそうですね。

No title

よくわからないまま、三次元の時間を使って距離を表すと、距離=vtだから、何らかのかなりの限定条件をつけた時のみでしょうが、 (X1,Y1,Z1)-(X2,Y2,Z2)=(Vx,Vy,Vz)x(Tx,Ty,Tz)のように表せるかもと、、、。 サボテン

No title

私の言っている時間球における時刻は、(T1,T2,T3)で表される三次元の時刻です。宇宙における位置を示す座標(X,Y,Z)が膨張して遠くに行くイメージとどうしても混同しそうなのですが、物理的な距離や位地には直接にはかかわりません。まだ、うまく表現出来ないのです。

No title

イメージはできますが、それは膨張している宇宙の外辺ではないでしょうか。

No title

すこしだけ。まず、宇宙が常に四方八方に向かって拡散している事を頭に描いて下さい。ところで、今という時刻(点)が、膨張の中心から計測を始めて同時間後に、四方八方のほぼ同等?の距離に存在すると考えて下さい。すると、今という同じ時刻の点が、球体の表面上にあることになる事をイメージできますか? これが、私が考えている三次元の時間球です。もし、少しでもイメージ出来そうなら続けますが、無理でしたら、止めておきますです。 サボテン

No title

凡人師匠、いいのですか?私は少しタイムマシンの事を本気で考えた事がありますので、ハマルと突っ走ってしまいますよ。危険です。 サボテン

No title

「崇高」は褒めすぎですよ。とりあえず、もう少し時間の多次元化について話したいですね。過去・現在・未来という方向性だけでは、1次元にしかなりませんが、それ以外の方向性が表現できれば、多次元化は可能だと思います。

No title

凡人師匠の崇高な記事の意図を外れているように思いますので最後にしますが、どこかのコメントで、宇宙全体はマクロに見て拡散しており、エントロピーは増大していると書きました。しかし、ミクロに見ると、ブラックホールという質量無限大で体積極小(といっても強烈に大きい)な空間が存在し、その吸引力は、光・電磁波・物だけでなく、空間や時間も吸い込んでいるらしいです。つまり、ブラックホールに向かって時間も曲がって進む、、、、。 おしまいです。(笑) サボテン

No title

いや、面白い発想かもですよ。私もコメントを拝見していて、ふっと思ったのですが、時間に方向性を持たせれば、2次元には出来そうに思います。凡人の頭ではこれ以上の展開はできませんがね。

No title

光が波なのか粒子なのか、今だ私にはよくわかりませんが、少なくとも重力の影響を受けて曲がる事が観測されています。時間が曲がるっていうことも、時間の二次元体系か三次元体系では表現出来ると思うのですが、どういう概念で捕らえればいいのか、想像出来ません。ただ、時間軸を複数持つとして時間の多次元体系を考えれば、時間が曲がって進むという概念も表現出来るような気はします。このような発想は、哲学の範囲外でしょうか。ですよねきつと。数学の、虚数みたいなものですかね。

No title

夢の話ですね。そうなれば楽しいですね。

No title

私の勝手な感覚なのですが、時間を2次元にすることは、想像力か科学の至らなさからその体系を構築出来ないだけで、きっと今後、賢い方が時間の二次元モデルや三次元モデルを体系化してくれるのではないかと思います。そして、その理論に従うと、時間が曲がるとか、過去に向かって時間が進む(戻る)とかを表現可能となり、タイムマシンも設計出来るのではないかと、、、、 サボテン。
プロフィール

極楽トンビ

Author:極楽トンビ
カテゴリーは哲学のつもりですが、過去の哲学の知識など持ち合わせていません。
普通の人の考えを大切にしたいのです。
ときどき、音楽でストレスを解消しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
月別アーカイブ