FC2ブログ

人間に何ができるか(改訂版)

「何ができるか」を考える前に、最初から与えられているものがある。
先の記事「人間に何ができるか」でも述べているが、
「本質」を探す場は、すでに与えられているこの世界であり、
この「本質」を探す主体も、好むと好まざるとにかかわらず、
最初から与えられている「自分」なのである。
この与えられている主体が、与えられているもの(対象)に疑問を感じているのである。

だからまずは、その与えられている「それ」を知らなければならない。
それが良いものであろうと悪いものであろうと、本質的であろうと派生的であろうと、
夢であろうと現実であろうと、すべてを知ってそれからの話なのだ。

というより、この与えられている世界に疑問を感じているのだから、
「何ができるか」はこの与えられた世界が何かを問うことでもあるとも言える。
世界を「事実」として認めているから、その中に「本質」が隠れていると思うのである。

世界を分析するために人間に与えられている機能は何かから考えよう。
与えられている機能としては「感覚器官」が最初に思い当たる。
この感覚器官で受け止めた内容を、「心」で受け止め、
その内容に対する「感情」などが喚起されて、次の行動へ連結して行く。

どう行動するかの判断には、
欲望や自我などの親から引き継いだ遺伝情報が関係していると思われるが、
これも与えられている機能と言える。
他に「記憶」する機能があり、その記憶を思い出す機能も備わっている。
それらもすべて自分で選んだのではなく、最初から与えられているものである。

この記事のタイトル「人間に何ができるか」に答えられる前提が整った。
その前提を駆使して世界を探るのである。
で、その探り方であるが、予め与えられている世界を分析するため、
世界を細分して個々の部品を再構成して世界を構造体として捉えるのである。

世界を構造体として捉えることで、システム理論の対象として扱えるようになる。
アリやハチなどの社会性昆虫の営みや、人間の経済活動などを観察していると、
それぞれが自身の意思で勝手に行動しているように見えながら、
全体としてある秩序や均衡が生み出されている。

このように自律的に意思決定する複数の主体が、互いに影響を及ぼしながら、
全体としてある目的を達成する「自律分散システム」として世界を捉えるのである。
以上(長谷部 浩二 筑波大学大学院システム情報工学研究科より)

先に検討した通り、世界を構成する個々の部品には優劣はなく、
どれも世界を構成する部品なのだ。
大切なのは、その部品が世界のどこに位置づけされるかであり、
どういう役割を果たしているかである。

世界をどう分割するか、そしてそれらをどう構成するか、
それはその構造体を何んのために使うかによって異なってくるが、
哲学から分割・独立してきた諸科学もその例外ではないのである。

また、システム理論といっても自律分散システム理論だけではなく、
沢山のものがあり、まだ発展途上のものや議論されている分野もいろいろ、
これからまだまだ変化してくるであろうし、
その可能性も他の分野へ展開するなど期待したいと思う。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

極楽トンビ

Author:極楽トンビ
カテゴリーは哲学のつもりですが、過去の哲学の知識など持ち合わせていません。
普通の人の考えを大切にしたいのです。
ときどき、音楽でストレスを解消しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
月別アーカイブ