FC2ブログ

新「言葉」について Ⅶ

仏教用語に「而二不二(ににふに)」という言葉があります。
「而二不二」とは、「而二」と「不二」の二つの言葉がくっついたもので、
二つであって二つでない という意味です。
「而二(にに)」とは、一つのものを二つの面から見ることで、
「不二(ふに)」とは、二つの面があっても、その本質は「一つ」である、ということです。
(ブログ「正心寺」より 紫花大慈師)

例えば、岩瀧山 往生院六萬寺 川口 英俊氏は
「而二不二」とは、両部不二とも言われますが、
「二つにして、二つではない(一つのもの)」という意味であり、
普通に考えると矛盾していて理解し難い言葉になってしまいます。
いわゆる「無分別」を表すもので、両部は確かにあるが、
どちらがどちらとは決められない、またはどちらが何かとは言えない、
どちらにもとらわれて執着することができない、ということであります。
(執筆完了日 平成20年4月8日)

このようにネットで調べてみると、
「矛盾していて理解し難い言葉」と解説されているのである。

下の記事は2007/1/12に私が書いたものです。
「「同じ」ということの意味」というタイトルの記事です。

「これとこれは同じものだ」というような言い方をしますが、
「別のもの」二つを「同じもの」と言うのは矛盾していますね。
別のものなんだから違うものというのが常識なのに、なぜ同じものなのか、
その「同じもの」という理由というか、その意味はどこにあるのか。

二つのものの姿・形が同じだから「同じもの」なのでしょうか。
赤いノート、黄色いノート、大きいノート、小さいノート、分厚いノート、薄いノート、
姿・形は違いますが、同じノートですね。
ものを書き留めるという機能が同じだから「同じもの」なのでしょうか。

国語のノートと算数のノート、赤いノートと黄色いノート、
同じノートでもありますが、違うノートでもありますね。
赤い色と黄色い色は違う色ですらかね。
同じものでもありながら、同じものではないのです。

私たちはものを見るとき、たえず他のものと比較しながら見ています。
赤いノートは黄色いノートと比較してみているから違うものなのです。
それでは赤いノートも黄色いノートも同じノートと見るときどうなのでしょう。
それはノートと違うもの、例えば本と比較しているから、
赤いノートも黄色いノートも同じノートなのです。

以上が「「同じ」ということの意味」の記事ですが、
当に「而二不二(ににふに)」について書いたものと言えます。
「而二不二」の意味を「矛盾していて理解し難い言葉」として
理解する必要はないと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

極楽トンビ

Author:極楽トンビ
カテゴリーは哲学のつもりですが、過去の哲学の知識など持ち合わせていません。
普通の人の考えを大切にしたいのです。
ときどき、音楽でストレスを解消しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
月別アーカイブ