FC2ブログ

事実を語らずして、世界は語れない

学問で一番大切なことは「誰れそれがどう言ってるか」ではなく、
現実(事実)はどうなっているかである。

私たちが生きているのは、この現実の世界である。
偉い人の頭の中で考えられた世界ではないのである。
だから、偉い人がいろいろのことを言っていても、
それらは現実の世界と照合されなければならない。

ウィキペディアなどで哲学用語などの検索をして感じることは、
いろいろ偉い人の考えが列挙されているが、
ほとんど、現実(事実)レベルの議論がなされていないのである。

何が事実か、現実はどうなっているか、どちらの説が現実に近いか、
そういう議論は見えてこないのである。

よくある哲学者の議論の仕方は、現実はどうかではなく、
どうあるべきか、何が理想的か、間違いを排除するなどで、
当然といえば当然であるが、現実はそれほど理想的にはできていない。

私は行き詰まったら現実と照合し、それが理想的な形ではなくても、
現実はそれをどのように理想に近づけて行くのか、
それも現実から見つけてゆく、それが必要と思う。

①人はどのようにして物事を正しく知ることができるのか。
②人はどのようにして物事について誤った考え方を抱くのか。
③ある考え方が正しいかどうかを確かめる方法があるか。
④人間にとって不可知の領域はあるか。あるとしたら、どのような形で存在するのか。

それらは存在論や認識論の課題ではあるが、
最初からそれを目指すのは困難であり、
まずは何が「事実」として自分に与えられているかを問うのが順序である。

「事実」を語らずして、「世界」は語れない。
自分が生まれたときすでに、自分の前には「全体で一つの世界」があった。
それが「事実」である。

そして、それがどういうものかを知るために
「全体で一つの世界」を分けながら、世界を分析することから始める。
これは、対象の違いを見つけて分けることで、世界を相対的に捉えることである。
この相対的に捉えることも、事実は何かを確認する行為である。

近年は、心理学や脳科学などが盛んで、
存在論や認識論が目指してきた①~④と重なる部分がある。
心と物の関係を科学的に究明することは可能かもしれない。
しかし、それは哲学というより科学の領域に入るものである。

それはそれで必要なことではあると思うが、
世界観を築くという目的を果たすために、
諸学や諸現象や社会の諸々を全体の中へ位置付けるなどという
本来の哲学としての仕事とは言い難いと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

極楽トンビ

Author:極楽トンビ
カテゴリーは哲学のつもりですが、過去の哲学の知識など持ち合わせていません。
普通の人の考えを大切にしたいのです。
ときどき、音楽でストレスを解消しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
月別アーカイブ