FC2ブログ

貨幣の価値 Ⅲ

「貨幣の価値Ⅱ」で
物々交換から貨幣が生まれるまでの過程を見てきた。
Ⅱでは「貨幣」とは言わずに「証文」としてきたが、
ここⅢでは「貨幣」や「資金」と言い換える。

先のⅡで考えたのは支障なく取引ができるためには、
物々交換ができないなら貨幣という道具が必要だということである。
売るつもりで置かれているものに相当する貨幣は
国として用意しないと取引に支障が生じる。

今、ものを売ったり買ったりという最も単純な場合について
考えていたが、実際はもっといろいろの場面で
貨幣やもの(商品)が動いているのである。

例えば、銀行にお金(貨幣)を預けたり引き出したりするが、
このときにはもの(商品)は動かない。
しかし、銀行がその預かった貨幣(資金)を企業などに貸し出し、
その企業がそれを資金にして仕入れたりすると、ものが動く。

株券に限らず、国債などの有価証券でもそうである。
その債券も売ったり買ったりするもので、商品と言える。

株なら企業が、国債なら国がそれぞれ必要があって発行したもので
売って得た資金(貨幣)を事業や政策に使う。
これらいずれも貨幣が物や事を買うために使われる。

そしてその貨幣と平行して物や事つまり商品も動く。
形のないサービスも「事」として「商品」と言えるし、
労働力も「事」として一つの「商品」と言える。
貨幣は物や事つまり商品が動く分だけあれば事は足りるはずである。


経済なんて全く素人の凡人が書いています。
遠慮なくご意見ください。
貨幣の価値Ⅳ↓へつづく、
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

極楽トンビ

Author:極楽トンビ
カテゴリーは哲学のつもりですが、過去の哲学の知識など持ち合わせていません。
普通の人の考えを大切にしたいのです。
ときどき、音楽でストレスを解消しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
月別アーカイブ