FC2ブログ

AI(人工知能)の将来 Ⅰ

いろんな意味で今AIが話題になっている。
今話題のAIは学習して人間を超える可能性があるところが
これまでのコンピュータなどと大きく異なるところである。

しかし、いろいろの試みがなされているようであるが、
データ処理などの演算処理的仕事は高速処理の得意部門でいいのであるが、
価値観などの人間的仕事は、私に伝わってくるのは失敗の話ばかりである。

AIが人間を超えるために、今のAIが人間に比べて何が足らないか、
それを理解しておく必要があると思う。


まず、AIが学習するのは特定の相手との会話だけからだが、
人間は相手だけでなく、周囲の状況からもその言葉の意味を読み取り、
その他の雑音なども読み取り、言外の意味も感じている。

どこかで読んだ話であるが、
食堂に入って「私はウナギだ」とAIに言ったところ、
AIは私の名前が「ウナギ」と受け取ってしまうという。

私は「ウナギが食べたい」と言ったのである。
食堂に入って「ウナギだ」と言えば誰でも「ウナギを食べる」と受け取るが、
AIは周囲の状況まで理解しておらず、意味を読み取れなかったのである。

こうした人間の能力との差は、
AIが人間を超えるためには大きな障害になるだろう。

他にもAIと人間の違いはいくつもあると思うが、
以降の稿で書いてゆきたいと思う。

AIが学習するのは特定の相手との会話だけだといったが、
正確には目的に応じて、顔などの映像やその他情報など、
ごく限られた言葉以外のものも解析はしている。


AIの将来Ⅱ↓へつづく、

https://shachihoko7.blog.fc2.com/blog-entry-1154.html

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

> 聡美姐さん、そうですね。
オールオートメーションのネットワークを作ったとしたら、そういうことも考えておかないといけませんね。

No title

もちろん、冗談ですが、工作機械と連動したAIマシン、運送機械と連動したAIマシン・・・そういうものが色々と協力しあえばできるかもしれません(^^

No title

> 聡美姐さん、
もう一つ考えられるのは、人間もだまして働かせるということでしょうか。
一人の作業員は騙せても、関連するすべての人間をだますことは不可能でしょうね。
また、記事にしますよ。

No title

> 聡美姐さん、冗談ですよね。でなかったら私の記事を読んでくれてますか。
「AIの機械が、自分の複製を作り始めた時」、具体的に考えて見てください。AI自身がトンカチで作るなんてことはあり得ないし、それじゃ誰が作るのでしょうね。
考えられるのはネットワークを使って多くのAIに「自分を複製したい」という気持ちを持たせることくらいですね。気持ちだけではどうにもなりませんね。
もう少し進展させて工作機械とAIを連動させたとしても、制作に必要な部材は誰が運ぶのでしょうか。

No title

AIの機械が、自分の複製を作り始めた時が見ものですね(^^
そうして増えたAIマシンたちが電力を奪い合って戦争を始めたり・・
あはは。
プロフィール

極楽トンビ

Author:極楽トンビ
カテゴリーは哲学のつもりですが、過去の哲学の知識など持ち合わせていません。
普通の人の考えを大切にしたいのです。
ときどき、音楽でストレスを解消しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
月別アーカイブ