FC2ブログ

貨幣の価値 Ⅰ

経済については全く素人の凡人の書く経済学である。
いろいろの専門家のご意見や文献を参考にしながら、
凡人なりの疑問点や思いを書いてみた。
まあ、凡人のたわごとと思って読んでみてほしい。


毎日使っている「お金」の価値はどこにあるのかと不思議に思う。
実際その物は、そのお金の額面よりは低い価値しかないものである。
百円硬貨をツブシテ金属として売りに行っても百円では買ってくれない。
なのになぜか。それを凡人の立場で考えてみたいのである。

昔は紙幣に額面相当の「金と交換できる」と書いてあったそうであるが、
現実には発行元の日本銀行にはそれ相当の金はないのである。

現在世界中で流通している貨幣の大部分は、
発行元の国がその価値を保証している。
最近流行のビットコインは違う。
しかし、この保証されているはずの貨幣の価値が
いろいろの条件で変化するのである。

海外に旅行するときなど、為替レートが気になる。
日本の通貨「円」でドルを買うときの価格でその価値が表示されるが、
できるだけ安い価格でドルが買える時を狙ってドルを買う。

日常生活でも、毎日の買い物、物価の変動はつきものである。
毎日同じ価格で同じものが買えるとは限らない。
すなわち、貨幣の価値はたえず変動しているのである。


貨幣の価値Ⅱ↓へつづく、
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

極楽トンビ

Author:極楽トンビ
カテゴリーは哲学のつもりですが、過去の哲学の知識など持ち合わせていません。
普通の人の考えを大切にしたいのです。
ときどき、音楽でストレスを解消しています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロとも一覧

月別アーカイブ