FC2ブログ

新私の哲学の方法(相対的存在)

生まれたとき、すでに与えられているものがあり、
それを分析することが出発点であると前回の記事で書いた。
以前に「「分かる」とは「分けられる」ことである」とも書いたことがあるが、
すでに与えられている対象を「分ける」ことで「分かる」のである。
それが「分析」するということである。

そして、分けられるためには、その分ける相手が必要である。
つまり、何か異なるところがある相手が必要なのである。
異なるところがなくては分ける必要はない。
何かと区別が必要な時に、分けて名前を付けるのである。
これが相対的存在と言うことである。

しかし、「すべてのものは相対的に存在している」と言われても、
理屈では理解したとしても、実際それがどういう意味か、
どこでそういう状況が確認できるのか、それが分からない。
そういう人がほとんどだ思う。

現実のこの世界を眺めてみて、そこにある玄関ドアは見えているし、
これから履いて外へ出ようとしている靴もそろえてあるし、
そしてそれらを見ている自分の存在もはっきり自覚している。
それが一体どこが「相対的」なのかと思ってしまう。
それが普通だと思う。

現実のこの世界は、これで当たり前、無ければ生きていられない、
毎日経験しているし何が起きても対応できる、そうできるはずである。
だから、それは当たり前で、自分は何かと相対的にしか存在しえないなんてあり得ない。
その通りだと思う。

今現在の自分から判断するとそうなのである。
しかし、死を迎えた自分ならどうだろう。死によってこの世界も消えてなくなるのだ。
自分も世界も相対的に存在していたのである。

別の視点でみると、一切の外界からの情報が入ってこなかったら、
何も感じることができなかったら、はたして「自分」は感じられるのだろうか。
おそらく、「自分」を自覚することはないだろう。
そういう状況で何か考えられるだろうか。

記憶に残っている過去の思い出は思い起こすことはできるが、
これも過去には外界の情報を受け止められたからで、
すなわち、相対的に存在したからなのである。


新私の哲学の方法(トップダウン方式)へつづく、
スポンサーサイト



新私の哲学の方法(出発点)

私が生まれた時、すでにこの世界はあった。
そして私もこの世界の中にあった。
私が感じて相対的に世界もあったとも言える。それが「事実」である。

疑えばいかようにも疑えるが、何も無ければ疑いようもない。
それがどんな世界であろうと、その世界は相対的に私を存在させている。

その世界がどんな世界なのかと、誰もが思うとは思うが、
それが良い世界であろうと悪い世界であろうと、
それが「事実」であることは認めざるを得ない。

過去の多くの哲学者は、この世界の「本質」を知ろうとしていたようで、
そしてその「本質」から演繹的に世界を解釈しようとする。
その方向性から判断すると、一つの理想的な世界観を築こうとしたと解釈できるが、
それはこの世界の解釈とは言い難いし、「事実」ではないし「現実」でもない。
それはその哲学者の理想とする価値観に過ぎないのであり、
その理想を実現するためには、「現実」「事実」を無視はできないのである。

だからまずは、その与えられている世界を知らなければならない。
それが良いものであろうと悪いものであろうと、本質的であろうと派生的であろうと、
夢であろうと現実であろうと、すべてを知ることが出発点でなくてはならない。

というより、この与えられている世界に疑問を感じているのだから、
この与えられた世界が何かを問うことでもあるとも言える。
世界を「事実」として認めているからこそ、
その中に「本質」も隠れていると思うのではないだろうか。

この世界を知るために人間に与えられている機能は何か、
それを知るのも世界を知る上で必要なことである。
与えられている機能としては「感覚器官」が最初に思い当たる。
この感覚器官で受け止めた内容を、「心」で受け止め、
その内容に対する「感情」などが喚起されて、次の行動へ連結して行く。

詳細については次の章「世界の構造」で検討するが、
ここでは、生まれた時からすでに与えられているものがあること、
それは好むと好まざるとにかかわらず、認めなければならないこと、
そしてそれは、自分(私)と相対的に存在するものであること、
それを理解していただくことが必要である。


新私の哲学の方法(相対的)へつづく、

ウィングス Mull of Kyntyre

夢の旅人 (ポール・マッカートニー&ウイングスの曲)


価値観を哲学へ Ⅴ

絶対的な価値観はあり得ない。価値観というのは個人の好みだからだ。
なぜそうなのか、それは個人に与えられている欲望には個性があって、
一致した価値観というのも部分的でしかあり得ないからだ。

多分この意見には反対が沢山あると思う。
「人類全体に通用する価値観」「全体でないにしても大体人類としての傾向がある」
「国家の憲法にしても、あるオーケストラの音色、スポーツチームの特徴など」
それらは一つの価値観に統一されたもので、こういう形での価値観はあり得るものである。

だからそれらの価値観の傾向・好き嫌いでグループを作って、
そのあり方を競うというのはあり得ることとは思うが、
そのことが基で争いになり、時には戦争になるというのは、問題がある。

また、個人的には欲望の向かう先が問題で、
その向かう先で人生の戸惑いとなって現れてくる。
人生に迷うというのはそうした欲望自体に疑問を感じていることである。

生があるから死がある。幸福があるから不幸がある。
そうした欲に根差した価値は、苦しみ迷いの原因になるのであるから、
その欲望を取り除くことで、 相対的な価値を捨て去り、
絶対的な価値を得ようとするのが宗教である。

この世界の価値観は相対的なもので、宗教的に悟れば絶対的世界が見えるという。
しかし、それを体感して悟るという解決方法は哲学ではないのである。
哲学としてはそれで得られる絶対的世界がどんな世界かそれが知りたいのだ。

現実の相対的世界は、その価値も相対的で死とともに消え去るものであり、
それを取り去った後に得られる絶対的世界を知った上で、
それを論理的に語らなくては哲学にはならないのである。

心と言葉、主な過去記事

心と言葉の広場です。
不思議な「心」です。何が見えるか一緒に考える広場です。
極楽トンビが不思議を捉まえてきます。
以下はこれまでに書いた私の記事の主なものです。

5 心の構造 https://shachihoko7.blog.fc2.com/blog-entry-1201.html          
 
道具の位置づけ https://shachihoko7.blog.fc2.com/blog-entry-975.html                   
AI(人工知能)の将来 https://shachihoko7.blog.fc2.com/blog-entry-1152.html     

   
人生観と世界観の違い https://shachihoko7.blog.fc2.com/blog-entry-53.html         

人間に何ができるか(改訂版)

「何ができるか」を考える前に、最初から与えられているものがある。
先の記事「人間に何ができるか」でも述べているが、
「本質」を探す場は、すでに与えられているこの世界であり、
この「本質」を探す主体も、好むと好まざるとにかかわらず、
最初から与えられている「自分」なのである。
この与えられている主体が、与えられているもの(対象)に疑問を感じているのである。

だからまずは、その与えられている「それ」を知らなければならない。
それが良いものであろうと悪いものであろうと、本質的であろうと派生的であろうと、
夢であろうと現実であろうと、すべてを知ってそれからの話なのだ。

というより、この与えられている世界に疑問を感じているのだから、
「何ができるか」はこの与えられた世界が何かを問うことでもあるとも言える。
世界を「事実」として認めているから、その中に「本質」が隠れていると思うのである。

世界を分析するために人間に与えられている機能は何かから考えよう。
与えられている機能としては「感覚器官」が最初に思い当たる。
この感覚器官で受け止めた内容を、「心」で受け止め、
その内容に対する「感情」などが喚起されて、次の行動へ連結して行く。

どう行動するかの判断には、
欲望や自我などの親から引き継いだ遺伝情報が関係していると思われるが、
これも与えられている機能と言える。
他に「記憶」する機能があり、その記憶を思い出す機能も備わっている。
それらもすべて自分で選んだのではなく、最初から与えられているものである。

この記事のタイトル「人間に何ができるか」に答えられる前提が整った。
その前提を駆使して世界を探るのである。
で、その探り方であるが、予め与えられている世界を分析するため、
世界を細分して個々の部品を再構成して世界を構造体として捉えるのである。

世界を構造体として捉えることで、システム理論の対象として扱えるようになる。
アリやハチなどの社会性昆虫の営みや、人間の経済活動などを観察していると、
それぞれが自身の意思で勝手に行動しているように見えながら、
全体としてある秩序や均衡が生み出されている。

このように自律的に意思決定する複数の主体が、互いに影響を及ぼしながら、
全体としてある目的を達成する「自律分散システム」として世界を捉えるのである。
以上(長谷部 浩二 筑波大学大学院システム情報工学研究科より)

先に検討した通り、世界を構成する個々の部品には優劣はなく、
どれも世界を構成する部品なのだ。
大切なのは、その部品が世界のどこに位置づけされるかであり、
どういう役割を果たしているかである。

世界をどう分割するか、そしてそれらをどう構成するか、
それはその構造体を何んのために使うかによって異なってくるが、
哲学から分割・独立してきた諸科学もその例外ではないのである。

また、システム理論といっても自律分散システム理論だけではなく、
沢山のものがあり、まだ発展途上のものや議論されている分野もいろいろ、
これからまだまだ変化してくるであろうし、
その可能性も他の分野へ展開するなど期待したいと思う。
プロフィール

極楽トンビ

Author:極楽トンビ
カテゴリーは哲学のつもりですが、過去の哲学の知識など持ち合わせていません。
普通の人の考えを大切にしたいのです。
ときどき、音楽でストレスを解消しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
月別アーカイブ