FC2ブログ
  • ウィリアム・ギロック(William L. Gillock、1917年7月1日 - 1993年9月7日)はアメリカ合衆国 の音楽教育家、作曲家。ギロックは音楽教育分野の作曲の第一人者で、メロディーの美しさから「教育音楽作曲界のシューベルト」と呼ばれている。Wikipediaより私は「セレナード」が好きなんですが、季節がら「冬の風景」にしました。Gillock - Winter Scene / The Silent Snow ギロック/冬の風景~音もなく降る雪... 続きを読む
  • 先に「中身ではなく外身が私の哲学の関心事だ」と言った。ここで大事なのは中身と外身の区別も相対的だということである。例えば、物理学は生物学とか化学とか工学とか、そういう自然科学との違いとか関係から位置づけするが、そのときは物理学、生物学、化学、工学などの外身が私の関心事である。しかし、それらは中身を対象にするのは科学者つまり専門家の仕事なのである。ところが物理学をさらに細かく、ニュートン力学とか素粒... 続きを読む
  • 何かを位置づけするためには、その何かと比較できる少なくとももう一つの何かが必要です。何も比較できるものがなくては位置づけすることはできないし位置づけする意味もありません。何かと比較することで位置づけは可能になるのです。下の図Ⅱを見てください。赤いスプーンがあるのですが見えるでしょうか。図Ⅱ赤いスプーンなど見える訳がありませんね。背景もすべて赤いのですから、区別はできず見えません。触って触覚で確認する... 続きを読む
  • ハンター・ヘイズ(英語: Hunter Hayes 1991年9月9日[1] - )は、アメリカ人カントリー・ミュージック・アーティストでありシンガーソングライター。アトランティック・レコード・ナッシュビル所属。WikipediaよりSomebody's Heartbreakは2013年発売のアルバムにボーナストラックとして入っていた曲のようです。... 続きを読む
  • アーティー・ショーのビギン・ザ・ビギン、懐かしいですね。コール・ポーターが作曲した曲ですが、どなたがオリジナルなんでしょうね。そのくらいいろいろの人が歌ったり演奏したりしています。比較的新しいところでは、フリオ・イグレシアスが歌って大ヒットしました。映像は白黒ですが、音も映像も綺麗ですね。... 続きを読む
  • 私がよく例に出すコーヒーカップの話ですが、自分が後ろを向いた時もあり続けているか、死んだときもあり続けているかという疑問です。ここが哲学の出発点として、そこは同じでも向かい方は哲学者で異なります。凡人の私にはそれらを語る資格はありませんが、私の向かい方は、一口で言えば人間に与えられている能力を知ることです。哲学者はまず状況を頭に描きます。対象のコーヒーカップがあって①、それを感じている感覚器... 続きを読む
  • 哲学とは限らないが、どんな学問でもできるだけ多くの人に理解してもらうためにできるだけ易しい言葉で表現されることが望ましい。一方で学問は正確である必要性から、使う言葉の定義がなされることが多い。例えばユークリッド幾何学では、「点」とは部分に分割できないものである、「線」とは長さがあって幅のないものである、といった具合である。定義以外にも公準なんてのもあり、それらはすべてワザワザ言うようなことでもない... 続きを読む
  • ヨーゼフ・ヨアヒム・ラフ(Joseph Joachim Raff, 1822年5月27日 - 1882年6月24日/25日)は、スイスの作曲家、ピアニスト。1859年に発表したヴァイオリンとピアノのための6つの小品の中の「カヴァティーナ」が人気となる。長い間、その全体像を知ることが難しい忘れられた作曲家であったが、近年、再評価の機運も高まり、マルコ・ポーロ、チューダー、cpo、シャンドスなどから交響曲全集がCD化され、室内楽作品のCD化も進んで... 続きを読む
  • コダーイ作曲の組曲「ハーリ・ヤーノシュ」はほら吹きの初老の農民(私のことではありません)の話だそうですが、その第二曲に「ウィーンの音楽時計」というのがあります。何となくお正月向きの曲と思ったのですが、そう思うのは私だけかも。... 続きを読む

プロフィール

極楽トンビ

Author:極楽トンビ
カテゴリーは哲学のつもりですが、過去の哲学の知識など持ち合わせていません。
普通の人の考えを大切にしたいのです。
ときどき、音楽でストレスを解消しています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロとも一覧

月別アーカイブ