FC2ブログ
  • 奇しくも一年前の今日、こんな記事を書いています。価値観には二種類ある。その一つは制度としての価値観で、法律とか就業規則とか会則とか、特定の集団の秩序を維持するための制度です。もう一つの価値観は、個人の価値観で、それぞれの個人の個性を形成するもので、当然ながら個人によって価値観は異なります。少し具体的に考えてみます。例えば、果物でもリンゴが好きな人もあればミカンの好きな人もあります。ナシの好きな人あ... 続きを読む
  • ヤフーの検索サイトで「lacrime dalla luna gianluca grignani」と入力し日本語のみの検索に切り替えて検索したところ、↓のような検索結果が表示された。簡単にするため番号をつけて最初の一行だけを記入しましたが、5番目に私のブログの記事「人工知能の失敗?に思う事 Ⅱ」が入っているのです。私が検索した「lacrime dalla luna gianluca grignani」というのは洋楽の曲名とアーチスト名なので、「人工知能の失敗?に思う事 Ⅱ... 続きを読む
  • 自然環境の変化や人間活動の影響からこれまで生息してきた動植物の生存に影響を与え、保護しなければ絶滅する恐れがあるとき、国などの機関が一定の基準を設けて保護に乗り出します。それはいいとして、保護の成果が出てきて、さらに増えすぎて害がでるほどになったときどうするかというのも考えておかないと増えすぎた害で人間や他の動植物が被害を被り、何のための保護か分からなくなります。サルやイノシシやシカがいい例です。... 続きを読む
  • 誰にも明日のことは分かりません。にもかかわらず、明日も多分生きているだろうと、そのつもりで、明日の予定を立てています。毎日、学校に行って勉強をするのが日課の子供、仕事に行って生活費を稼いでくるお父さん、みんな明日はあるものと思って準備をします。人間そう簡単に死ぬものではありません。だから「明日も生きている」と思うのは当り前です。死というごくわずかしか可能性のないものをいちいち気にしてしたら心が疲れ... 続きを読む
  • 憲法、それを基に作られた法律には「権利」という言葉がよく出てきます。人間は欲望の塊りのようなもので、放っておくと際限なく欲を満たそうとします。社会はその人間の集まりで、その中で欲を満たそうとすると他の人と衝突します。その争いに勝ったものは潤い、負けたものは泣かなければならないのですが、そのまま進むと貧富の差が生まれて、さらにその差も広がってきます。その差が大きくなりすぎますと、貧しい側の抵抗も出て... 続きを読む

プロフィール

極楽トンビ

Author:極楽トンビ
カテゴリーは哲学のつもりですが、過去の哲学の知識など持ち合わせていません。
普通の人の考えを大切にしたいのです。
ときどき、音楽でストレスを解消しています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロとも一覧

月別アーカイブ