FC2ブログ

障害者殺傷事件に思う事

奇しくも一年前の今日、こんな記事を書いています。

価値観には二種類ある。
その一つは制度としての価値観で、
法律とか就業規則とか会則とか、
特定の集団の秩序を維持するための制度です。

もう一つの価値観は、個人の価値観で、
それぞれの個人の個性を形成するもので、
当然ながら個人によって価値観は異なります。

少し具体的に考えてみます。
例えば、果物でもリンゴが好きな人もあれば
ミカンの好きな人もあります。ナシの好きな人あります。

スポーツでも野球の好きな人もあれば
サッカーの好きな人もあります。
もともとスポーツは苦手という人もあれば
見るだけなら好きと言う人もあります。

その他、これらの個人の価値観は
どれが正しくてどれが間違っているというものではなく、
どれも有り得る価値観です。


この個人の価値観と法律などの制度としての価値観は
必ずしも一致はしないものです。

人をコロしたいという人もあるのですから、
それを許しては社会は混乱し、秩序は維持できなくなります。
この社会で生活したいのなら、まずは法律を守らなくてはなりません。
これは個人の価値観より優先しなければならないものです。
だから必ずしも自分の価値観が通るとは限らないのです。

個人の価値観は尊重されなければなりませんが、
その社会に帰属したいのなら少なくとも法律は守らなくてはならないし
その会社で仕事したいのなら、就業規則は守らなくてはなりません。
「自分に正直」がいつでも良いとは限らないのです。



こんな記事でしたが、今問題になっている障害者殺傷事件は、
この価値観には二種類あり、自分の価値観が社会の価値観と合わないときは
社会の価値観を優先して、自分の価値観は抑えなければならないということが
社会として広く知られていないのです。もっと啓蒙活動が必要と思います。
もう一度言いますが「自分に正直」ではだめなのです。

スポンサーサイト



ヤフーおかしい

ヤフーの検索サイトで「lacrime dalla luna gianluca grignani」と入力し
日本語のみの検索に切り替えて検索したところ、
↓のような検索結果が表示された。

簡単にするため番号をつけて最初の一行だけを記入しましたが、
5番目に私のブログの記事「人工知能の失敗?に思う事 Ⅱ」が入っているのです。
私が検索した「lacrime dalla luna gianluca grignani」というのは
洋楽の曲名とアーチスト名なので、「人工知能の失敗?に思う事 Ⅱ」は全く関係のないものです。


⒈Gianluca Grignani - Lacrime Dalla Luna 歌詞| musiXmatch - 世界 ...

⒉lacrime dalla luna gianluca grignaniの画像 -Yahoo!検索(画像)

⒊Gianluca Grignani / Lacrime Dalla Lunaの楽譜・スコア・ギター譜 ...

⒋Gianluca Grignani / Lacrime Dalla Lunaの楽譜・バンドスコアなどを無料で ダウンロードして閲覧できます。

⒌人工知能の失敗?に思う事 Ⅱ ( 工学 ) - 凡人のたわごと - Yahoo!ブログ
 blogs.yahoo.co.jp > 科学 > 自然科学 > 工学 -

⒍Tears From The Moon (月の涙) の歌詞 - Gianluca Grignani (ジャンル ...

⒎Lacrime dalla luna 歌詞の意味: ヨハネの地下墓地デラ ルナ. Nasce la mia canzone 歌詞の意味: Nasce ラ ミア カンツォ

⒏Gianluca Grignani楽曲一覧|人気曲をスマホ・パソコンでダウンロード!d ...

⒐Gianluca Grignaniの新曲・人気曲・歌詞・無料試聴なら【dミュージック】!dポイントで 音楽ダウンロードができる!シン

⒑Gianluca Grignani 楽曲一覧-新しい順(新曲)91件中61件-90件目 ...


試にこの⒌「人工知能の失敗?に思う事 Ⅱ」をクリックしてみると、
ちゃんと私の「人工知能の失敗?に思う事 Ⅱ」という記事が出てくるのですが、
「lacrime dalla luna gianluca grignani」はブログの記事の上の左右に出てくる
前後に書いた記事が表示される欄に出ているのです。

ヤフーも最近ブログの改革をしているようですが、
まさか冗談をするように改革されたのでしょうか。

保護と害

自然環境の変化や人間活動の影響から
これまで生息してきた動植物の生存に影響を与え、
保護しなければ絶滅する恐れがあるとき、
国などの機関が一定の基準を設けて保護に乗り出します。

それはいいとして、保護の成果が出てきて、
さらに増えすぎて害がでるほどになったときどうするか
というのも考えておかないと増えすぎた害で
人間や他の動植物が被害を被り、何のための保護か分からなくなります。
サルやイノシシやシカがいい例です。

保護の為に設けた基準を絶対的なものとして、
○○保護団体とか何とかが出てきて、「増えたのは人間のせいだ」と
保護基準を緩めることを拒もうとする人があります。

もう大分前になりますが、増えた害獣を捕獲しようとする農家の人と、
害獣を保護しようとする人とが鉢合せになり、
喧嘩状態になった場面をテレビでみたことがあります。
農家の人は「生活がかかっている」と真剣そのものでしたが、
保護団体の人は、それを笑いながら聞いている状態です。

シカなどの害は食害だけではないのです。
私事ですが、釣りに行くのに暗いうちに家を出るのですが、
一時は必ずと言っていいほどシカと出くわしました。
そしてそのシカは車のライトを見ても逃げないのです。
私は二回もシカと衝突して、車を壊してしまいました。(笑)

増えすぎて困るのは人間だけではないのです。
シカが増えてその食料とされる植物が絶滅の危機に瀕しています。
人間が盗掘するのを嘆く人は多いのですが、シカの害はあまり騒がれません。

このシカは、捕獲が許可されて最近は少し減ってきました。
私は以前からシカは捕獲して食べたらいいと言っていましたが、
最近は「ジビエ料理」の食材として用いられるようになりました。
ヘルシーな食材で美味しいのです。

自宅の近くに天然記念物の深泥池というのがあります。
そこに天然のジュンサイが生育しているのですが、
最近増えすぎて池の環境を害してきたので間引きされました。
高級食材のジュンサイがたくさん取れたそうですが、
「天然記念物だから食べたらいけない」と焼却処分したそうです。
なぜ食べたらいけないか、それは絶滅しないようにです。
しかし、現実は増えすぎているのです。食べなければ・・・。

「賭け」で生きている

誰にも明日のことは分かりません。
にもかかわらず、明日も多分生きているだろうと、
そのつもりで、明日の予定を立てています。

毎日、学校に行って勉強をするのが日課の子供、
仕事に行って生活費を稼いでくるお父さん、
みんな明日はあるものと思って準備をします。

人間そう簡単に死ぬものではありません。
だから「明日も生きている」と思うのは当り前です。
死というごくわずかしか可能性のないものを
いちいち気にしてしたら心が疲れますね。

こういう時、人は「生きていると信じている」と言います。
生きていることの方が可能性が高いからそう思っているわけでず。
これが死ぬ可能性が高くなってくるとそうは思えなくなります。

生きる方をとるか死ぬ方を採るか賭けですね。
もっと分かりやすい例で言えば、受験です。
希望の大学に合格する確率が50%だったらどこを受験するか迷いますね。
でも、やっぱり希望の大学にする。
落ちる確率も50%あるのに、それは賭けですね。

そうすることが絶対間違いないなんてことはこの世の中少ないものです。
たいていは幾らかの危険があるものですが、
よい方に賭けて生きています。

車を運転していても、事故は起きない方に賭けて、
近々起きるとされている東南海地震も、今日は起きない方に賭けて生きています。
でも、起きないはずの東日本大震災は起きたのです。



余談ですが最近、理窟を考えるのが嫌になってきました。
これ本音です。
この記事も書き始めから何日かかったのだろう。

「権利」というものはもともとない

憲法、それを基に作られた法律には「権利」という言葉がよく出てきます。
人間は欲望の塊りのようなもので、放っておくと際限なく欲を満たそうとします。
社会はその人間の集まりで、その中で欲を満たそうとすると他の人と衝突します。
その争いに勝ったものは潤い、負けたものは泣かなければならないのですが、
そのまま進むと貧富の差が生まれて、さらにその差も広がってきます。

その差が大きくなりすぎますと、貧しい側の抵抗も出てきて争いになり、
それを応援する偉いお方が「権利」という言葉を弱い者を擁護する言葉として使ったのです。
最初から、例えば神が与えたものとしてあったのでもなければ、
社会を客観的に観察して見えて来たものでもないのです。
生物学的に動物の世界を眺めてみても、どこからも「権利」などというものは出てこないのです。


これは人間だけではありませんが欲望とともに、社会性というものもあります。
自分一人では社会は成り立たないし、自分の仲間だけでも成り立ちません。
いろいろの人がいて、いろいろの役割を担って社会は成り立っています。
それらが協力してこそ良い社会なのです。

自分は裕福でも一方で貧しい人がいるというのは、自分として心苦しいとか、
その貧しさの心が見えてくると、その貧しさも共有して「好意」が生まれ、
欲望とは関係なく、援助するという行為が生まれます。
援助を受けた側は、その行為に「感謝」して社会は共存するものです。

そこへ「権利」という言葉を導入すると、
それが独り歩きして、社会がギクシャクしてくるように思います。
民主主義が浸透して、それほどヒドイ格差が少なくなってきている現在、
「権利」という言葉の位置づけもやり直す必要があるのではないでしょうか。

プロフィール

極楽トンビ

Author:極楽トンビ
カテゴリーは哲学のつもりですが、過去の哲学の知識など持ち合わせていません。
普通の人の考えを大切にしたいのです。
ときどき、音楽でストレスを解消しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
月別アーカイブ