FC2ブログ
  • たいていの人は思春期のころに「自我」に目覚めます。 日常生活に紛れていると、 自分と他人の区別を意識せず同列に並べてみていますが、 或る日突然、この世界の中で体の内側から見ている人間は、 自分だけであることに気づきます。 世界の中心自分があり、 自分はこの世界の中で一人であることに気づきます。そしてここに存在することの意味を問い、この世界が何であるかを問いはじめます。 自分が生まれたとき、 自分には何の「... 続きを読む
  • 「世界の構造Ⅰ」で世界を「自分」とそれ以外の「外界」に分け、「世界の構造Ⅱ」で「自分」をさらに六つの部分に分けた。「世界の構造Ⅲ」では「世界の構造Ⅰ」で分けたもう一方「自分」以外の「外界」をさらに分ける。つまり、自分を取り巻いている外界を分けるのである。外界はよく、自然と社会に分けたりしますが、よくよく自分の周りを見てみるとあるのは自然や社会だけではない。都会にはビルもあるし住宅もある。高速道路もある... 続きを読む
  • ジェットコースターに乗るのは非常に勇気がいります。一般的に男は女より勇気があるように思われていますが、ジェットコースターに乗ってキャーキャー騒いでいるのは、女性が多いのはどうしてでしょうか。私もジェットコースターに乗ったことがありますが、恐くないわけがありません。必死で足を踏ん張り腕で体勢を立て直そうとするのですが、どうにもなりません。ジェットコースターは自分で何とかできるものではありません。ジェ... 続きを読む
  • ニュートン・ファミリーは、ハンガリーで1965年から活動していたロック・バンド、NEOTONと、女の子3人組のコーラス・グループが一つになり、何度かのメンバー・チェンジを行った後、1974年に出来たグループ。らしいですが、詳しいことは知りません。日本では80年代3~4枚のアルバムが出ましたが、それ以降は出なくなりました。CD時代になってCDを探した思い出があります。親しみやすいメロディーとサウンド、私の好きなアーチスト... 続きを読む
  • 人間の五感には限界があります。例えば視覚ですが、見える距離にも限界がありますし、見える小ささにも限界があります。見える光の波長も限られています。視覚に限らず聴覚にしても触角にしてもその他の感覚もみんな限界があります。日常、経験することの大部分は、この限られた感覚の世界ですが、この感覚の世界のことなら、誰でも容易に理解ができます。そして、多くのことをこの限られた世界の基準で判断します。しかし、この感... 続きを読む

プロフィール

極楽トンビ

Author:極楽トンビ
カテゴリーは哲学のつもりですが、過去の哲学の知識など持ち合わせていません。
普通の人の考えを大切にしたいのです。
ときどき、音楽でストレスを解消しています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロとも一覧

月別アーカイブ