FC2ブログ

バイパスを作ろう

私は何事にも集中力がなくて、失敗することが多いのです。
例えば、どこかに買い物に行くとしても、
目的地にたどり着くのにも、カミさんと話でもしながら運転していると、
曲がるところを曲がらずに通過してしまいます。

昨日も同じようなことがあって、カミさんが「何してんのん」と言われました。
ウチのカミさんは決められた通りに事が進まないと機嫌が悪いのです。
この点、私はまったく逆で「世の中というのは思うようにはならないもの」で、
臨機応変に、思うようにならないのなら次の方法を考えます。

昨日はカミさんに「道を間違えたくらいでそんなに怒るなよ。
ちゃんと頭の中に目的地に行くバイパスができてるよ」と応酬した。
私は上手くいかないのは想定済みで、機嫌が悪くなることなどありません。


「バイパス」と言っても道路とは限らず、
何か目的を果たすにも、方法は一つではないのです。
というか「一つしかない」と思わない方が失敗しても落胆せずにいられます。

いくつも人生のバイパスを用意しておきましょう。

スポンサーサイト

集団的自衛権?

「集団的自衛権」言葉だけで判断すると
なんだか矛盾した印象を持ちますが、
説明を聞いていると、

他国の軍隊の応援もできるようにするとか、
自国民が他国で危険にさらされているようなときには、
他国でも自衛隊が行動できるようにするとか、
「集団的自衛権」という言葉では理解ができないようなことのようですね。

それからもう一つ、「グレーゾーン」とかで
自衛隊が活動できるかどうか判断が難しいものもあるらしい。
これなんかも、「集団的」と言う言葉とどう関係するのか分からないし、

凡人の私など、一から十までできることとできないことが決まってないと
国が守れないのか思ってしまいます。
「これは自衛隊が活動できるのか」なんて考えている場合ではない。
臨機応変に素早く対応しないと国を守れないのでは。


本題に戻りますが
もう国単位で物事を考えている時代ではないと思います。
世界中に日本人が出かけていますし、
世界中から日本にきで仕事をしたり遊んだり、様々な交流があります。

「日本の国だから」「日本人だから」という基準で考えると、
話が複雑になってしまいます。

日本にいる外国人が危険にさらされている場合なら
自衛隊が出てもそれほど抵抗はありませんが、
外国にいる外国人を救うために自衛隊が出動するとなると問題になりそうですね。


まだまだいろんなケースがあると思いますが、
私は自国の利益になるかならないかという基準はこれからの時代には合わなくなると思う。
もちろん他国の領土を奪う目的は許されるものではない。

歯切れの悪い終わり方になってしまいました。

三大B

三大Bと言えば小学校の音楽の時間に習う
バッハ、ベートーヴェン、ブラームスを思い出しますが、
あれは偉大な作曲家の上位三傑と言う意味なんでしょうね。

こういう語呂合わせみたいな標語とか教訓とかいろいろ日本には多いですが、
私はこういうのはあまり好きではないのです。

私の好きでない理由は人の名前の頭文字と
音楽の良しあしはあまり関係がないと思うからです。

上の例で言えばブラームスは少し無理がありますね。
他に入れたい作曲家が何人もいますね。


しかし、上のは理窟で考える人の考え方で、
音楽などの芸術なんて「好み」の対象で、どれを選ぶかは自由です。
上のような選び方をする人があったとしても間違いとは言えません。

ブラームスが多少気に入らなくても、
偉大な作曲家には違いがないのだから、
名前の頭文字が同じということで覚えやすくするというのは、
クラシック音楽にあまり関心のない人には教えやすい。

標語や教訓などでも厳密に言えば適切でなくても、
だいたい合っているなら覚えやすさというのは大事な要素ですね。

理窟コネの私には言い聞かせたい記事になりました。

プロフィール

極楽トンビ

Author:極楽トンビ
カテゴリーは哲学のつもりですが、過去の哲学の知識など持ち合わせていません。
普通の人の考えを大切にしたいのです。
ときどき、音楽でストレスを解消しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
月別アーカイブ