FC2ブログ

ジェットコースター

ジェットコースターに乗るのは非常に勇気が入りますね。
一般的に男は女より勇気があるように思われていますが、
ジェットコースターに乗ってキャーキャー騒いでいる人は、
女性が多いように思えるのはどうしてでしょうか。

私もジェットコースターに乗ったことがありますが、
恐くないわけがありません。必死で足を踏ん張り
腕で体勢を立て直そうとするのですが、どうにもなりません。
ジェットコースターは自分で何とかできるものではありませんね。
ジェットコースターを信じて身を任せるしかないのです。
女性はジェットコースターの性能を信じて身を任すことができるから
ジェットコースターを楽しむことができるのでしょうね。
性能を信じることができるということは、
ジェットコースターを設計した人、製作した人、運転する人を信じているということですよね。

同じことが車の運転などでも言えます。他人の運転する車に乗せてもらって
恐くて足を踏ん張り、手に汗を握ったという経験のある人も多いと思いますが
自分の運転に多少なりとも自信があると、身を任すことができなくなります。
その点、運転免許のない人はそういう経験は少ないと思います。
特に子供などは運転してくれる人を信じて、全く不安を感ずることなく身を任せています。

自分に自信があればあるほど他人が信じられなくなります。
自分に自信があると自分の力で何とかしようとします。
そして上手くいかなくなったとき、何とかしようと苦しまなければならないのも自分です。
そんなとき、ジェットコースターを信じるときのように、成り行きに身を任せてみると
苦しみはきっと軽くなると思いますね。



            この記事は2005/8/8に投稿したものを若干訂正して再投稿したものです。

スポンサーサイト



「信じる」ということ

「信じる」とは、
辞書にあるように「正しいと判断して疑わないこと」でも
「本当だと思い込むこと」でもないのです。

「正しい」とか「本当だ」とか思うことは自分自身が判断したことで、
それは信じたことではありませんね。
「信じる」とは自分では判断せずに、誰かの判断を「信じて」それに従うことです。


その「誰か」は、「神」でもいいし「仏」でもいい、
「占い」でも「言い伝え」でもいい、
自分が尊敬する人、恋人、妻、夫、それらの人の話でもいいのです。

それらを信じることができるなら、心の平安が得られます。
自分の判断、すなわち自分の心を信頼できる人に預けるのですから、
そんな楽なことはありません。
自分で判断すると責任がついて回りますからね。

何でもかんでも人に頼っていては主体性のない人間になってしまいますが、
すべて自分で解決しようとすると心の重荷になってしまいますね。

それに対して「信じる」というのは、心が楽になります。
多くの人を信じて、安らぎの場をつくりましょう。


                 この記事は2005/8/1に投稿したものに訂正を加えて再投稿したものです。

忘れることは良いことだ

私は記憶力が悪いことでは、ちょっとばかり自信があります。
何か買い物に出たとします。きっちり一つは買うものを忘れてきますし、
ひどいときは、買い物そのものを忘れて帰ってきます。
年のせいではありません。若いときからそうだったのです。

記憶力が悪いと、現代のような受験社会では、あまりよいことはなさそうですが、
この忘れるということは、非常に優れている心の機能なのです。
人間は生まれてから毎日毎日どれほどのことを記憶していることでしょう。
これらすべてを忘れることなく記憶していたら、頭の中は混乱してしまいます。
古い記憶は古いように、大切な記憶はその大切さに応じて、
記憶が鮮明であったり、曖昧であったりしているから、頭の中は混乱しないのです。
もう少し正確に言えば、記憶自体は鮮明でも曖昧でもなく保存されているのですが、
今必要なものだけが、その度合いに応じて意識に上るようになっているから、
つまり、必要のないものは忘れていられるから、人間の頭は混乱しないのです。

ところが、この記憶が忘れられないで困っている人?がいます。
その人というのはロボットです。正確には
ロボットに組み込まれたコンピューターということになりますが、
そのコンピューターは記憶を忘れることなど絶対にありません。
だから、何か判断をするにも、いちいち記憶している内容をすべて繰らなければなりません。
今のところロボットはおもちゃの段階に止まってり、記憶の内容も少なく
すべてを繰ったとしてもたいしたことはありませんが、将来ロボットが
人間と同じレベルになろうとするなら、膨大な記憶が必要になります。
その膨大な量の記憶を、その都度繰っていたら、大変無駄なことになり、
また、即座に反応ができなくなります。これがロボットにとって大きな問題なのです。
これは「フレーム問題」といって、哲学上大きな問題になっているのです。

私は、ロボットが忘れることができれば、フレーム問題は解決すると思っています。
人間は考えるにしても話すにしても、
そのときの状況に応じて少しだけ記憶を出して、その範囲で考え話します。
そしてその他あまり関係ない記憶は忘れているのですね。
忘れることはいいことです。

                   この記事は2005/7/28に投稿したものを再投稿したものです。

テレビの効用

心の修行に出かけています。

私はマスコミへの批判的な記事を幾つか書いていますが、
マスコミと言っても常日頃接しているのはテレビがほとんどで、
正確に言うと書いているのはテレビの批判ばかりですね。

しかし、テレビと言ってもいろいろの番組があるし、
テレビ局の違いもいろいろありますので、
いい部分というか役立つところも沢山ありますね。

私などは健康に関する番組は非常に役に立っています。
医学は日進月歩でこれまでの常識が通用しなくなってきてますからね。

それから料理の番組も役に立ってますね。
早速、今晩のおかずになんてこともよくあります。
その他、いろいろ役立つ番組はありますね。
昔からニュースはNHKで聞いています。これは必要ですね


ちょっと、考えただけでも次々とテレビのいいところが浮かんできますが、
私はテレビの悪いところばかり見て、批判的な意見を書いているようです。
これも私の病気がそうさせているのでしょうか。(笑)

プロフィール

極楽トンビ

Author:極楽トンビ
カテゴリーは哲学のつもりですが、過去の哲学の知識など持ち合わせていません。
普通の人の考えを大切にしたいのです。
ときどき、音楽でストレスを解消しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
月別アーカイブ