FC2ブログ
  • 「本当の「話し合い」は聞き合うこと」我が家のトイレに懸かっているカレンダーの二月の標語なんですが、私はこれを読んで「聞き合うためにはまず話し合わなければならない」と思うのです。いかにも「ああ言えばこう言う」タイプの人間ですね。この標語の作者は、「自分のことばかり言うてんと、相手の話もよう聞かなあかんで」くらいのつもりで書かれたのでしょうし、普通はそのように受け取るところですが、私は根性がひねくれて... 続きを読む
  • 何不自由なく与えられて、生きていても自分の意思を尊重されたものでなければ、生きる意味がないと思いませんか。良いことも悪いことも、自分が選んだ結果であることが、生きているという実感につながると思います。そして自分の言ったことが、そのまま素直に返ってきて初めて伝わったと実感できます。でなければ、自分が発言する意味がなくなります。年を取って体も頭も衰えてくると、傍から注意されたり、やり方を指示されたり、... 続きを読む
  • 日本は自由主義の国で、法律さえ守っておれば、何をしても自由です。その代わり、その結果については責任を持たなければなりません。何の商売をどんなやり方でしても自由ですが、失敗をしても自分で責任を持たなければなりません。しかし、上手く行かなかったら何時でも本人の責任かというとそうではないことも沢山あります。例えばリストラ、会社の業績が悪いからと首を切られても、これを自分の責任と考えられる人はいないでしょ... 続きを読む
  • 本日只今、警察官とケンカしてきました。私が信号無視をしたというのです。車には、私の他に娘とカミさんが乗っていました。突然なんですが警察官が旗を持って出てきて、車を停止させられました。私は「飲酒運転の取り締まりか」とくらい思って窓を開けたところ、「先程信号無視をされましたね。交差点で担当官が確認しました」と言うのです。思わず「えっ!」と声が出ました。同乗していた娘(助手席)もカミさん(後部座席)も同様の... 続きを読む
  • 自民党の衆議院議員小泉進次郎氏の愛読書は広辞苑だそうです。その理由は「失言をしないため」というようなことを聞いたのですが、確かに、これまでに「失言」でどれだけの大臣がお辞めになったでしょう。ちょっと前にも、問題にされかけた大臣がいましたね。大臣というのは大変窮屈な仕事のようですね。私達凡人なら多少間違ったことを言っても、たいてい笑い話で終わります。ところが大臣となると、まずマスコミが許しませんね。... 続きを読む
  • 景気を良くするには、物を買ってもらってお金が動かなければなりません。そのためにはお金の価値より物の価値の方が高くならなければならないのです。発行する国債は無利子でないと景気はよくならないわけは、有利子の国債では政府が使うか民間が使うかの差で、お金を使う総量は変わらず、よってお金の価値も変わらないからです。無利子ならお金の総量が増えて、お金の価値が下ります。有利子の国債は、市中に発行されます。民間の... 続きを読む
  • 国債の話ですが、無利子と有利子とでは経済に与える影響は全く違います。ところが、現実にはこれらがごっちゃに論じられているため議論がかみ合わず混乱しています。無利子の国債は、実質的には日銀が引き取るもので、いわば日銀が紙幣を増刷して、それを政府が使うものです。これに対して有利子の国債は、市中の資金を回収して市中に代わって政府が使うものです。よって無利子の場合は市中に資金が、国債の額面分だけ多く出回りま... 続きを読む

プロフィール

極楽トンビ

Author:極楽トンビ
カテゴリーは哲学のつもりですが、過去の哲学の知識など持ち合わせていません。
普通の人の考えを大切にしたいのです。
ときどき、音楽でストレスを解消しています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロとも一覧

月別アーカイブ