FC2ブログ
  • 前の記事で「個性の尊重」と一口に書きましたが、これがなかなか理解するのが難しいのです。いろいろの個性があってそれを認めるといいながら、それを理解しようとしている自分は別なんですね。その自分を基準にしてそれぞれの個性を位置づけするのです。イジメられる子供を理解するにも、同じ個性の大人が理解するのと、イジメる側の個性と同じ大人が理解するのとでは結論は違います。イジメる側の個性の大人は「もっと強くなるよ... 続きを読む
  • イジメられる子の個性、イジメている子の個性、それぞれが個性であり尊重されなければならないものです。子供に限らず大人の世界でも言えることですが、大人の場合は社会の目があり、そんなに無茶なことはできないですね。ここで言う社会の目というのは社会秩序を維持するための人間の知恵ですね。それぞれが異なった個性を持っていて、それぞれを尊重する。言うのは簡単ですが、実際はそうはいかないものなんです。全く正反対の個... 続きを読む
  • ブログをしていると、交流のある人の性格というのは、ある程度分かるものと思っていましたが、先日、私のブログを読んで思っていたのと、実際に会った印象が違うということを聞きました。確かに、私はのんびりしているというかだいたいボーとしている性格なんですが、ブログで記事を書いたりコメントしたりしても、その文章にはボーとした性格は出ないですね。私は本を読むのも遅いですし、話す速度も遅いし、字を書くのも遅いです... 続きを読む

プロフィール

極楽トンビ

Author:極楽トンビ
カテゴリーは哲学のつもりですが、過去の哲学の知識など持ち合わせていません。
普通の人の考えを大切にしたいのです。
ときどき、音楽でストレスを解消しています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロとも一覧

月別アーカイブ