FC2ブログ

諸行無常

今回の大地震で日本列島は2mも動いたそうです。
この大地ですら動いているのですから、この世の何もかもは絶えず変化し動いています。

今自分が持っているものは、いつまでも手元にあり続けると思っていますが、
今回のような大地震や津波がなくても、いずれ消えて無くなります。
死ぬときは天国には何も持って行けないのです。
こう考えておれば、何があってもショックは小さくなります。

「未来」もそうです。
未来があるから夢や希望が生まれてきます。それは生きる力になります。
でも、この未来も無常なんですね。

無常ということは、良くも悪くも変化するのですから、
自分の希望にこだわると、与えられた良い変化を見逃してしまいます。
成り行きに任せるのもいいかもですよ。

スポンサーサイト



できないのか、させないのか、

政治の話です。

ある記事である方から「民主党は内容のあるコトしていない」というご意見を頂いたので、
私は「民主党がしてないのではなくて、野党がさせてないのでしょ」と反論しました。
それにたいして「経営者が会社を倒産させたときに、ライバル社がうちの得意先を奪ってしまったから、潰れてしまったんだ・・・なんて言い訳、通用するとお思いですか?」との反論が返ってきました。

ちょっとポイントはズレてますが、それはいいことにしておきます。
この反論に同意なさる方も多いと思いますし、野党も同じように思っていると思いますが、
私は国会と会社の経営とは違うと思います。

会社経営というのは、自分の会社のことですから他所の会社に負けないように、
やり方を工夫したり時には秘密にしたりします。それは当然です。
しかし、国会というのは他所とか自分とことかそんな区別はないのです。
どの議員も日本の国のために議論しているはずです。
いい考えがあるなら秘密にせずに提案して日本のために議論すべきでしょう。
それをやらない野党は、もう日本の国のために働いているとは思えませんね。

と私はさらに反論しました。
今の国会の混乱を野党ばかりの責任とは思っていませんが、
上のご意見のように民主党のせいにするのもどうかと思いましたので反論してみました。
また、それを期待されているようなので、ここは一つ期待に沿うてみたのですがどうでしょうか。

皆さんのご意見をお聞かせください。

宗教の目的(追加)

私は「宗教の目的」という記事で次のようなことを書きました。

「この世の価値観を否定するのではなく、それよりももっと大切なことがある、ということなんです。」

しかし、これは正確な表現ではありませんでした。
もっと大切なことを知るためには、この世の価値観を否定しなければならないのですが、
たとえ否定したところで、そういう価値観を捨て去ることが出来ないことを知ることになるのです。
だからそう(「 」のように)ならざるを得ない、というのが正確でしょうか。

それから、この世の価値観を否定するのは、
人間というのは如何に欲に支配されているかを知るための方法とも言えます。

普通人間は「自分は正しい」と思っています。
人に優しく出来るし、何も悪いことはしていないし、法律は犯してもいないし、
責められる理由は何もない筈だ、とね。

何も欲には支配されてないように思えますが、
それが内省を繰り返してゆくと、そうでもないことが分かってきます。
それが分かって初めてもっと大切なことがあることに気付くのです。

ですから、この世の価値観で生きるとしても、これまでとは違った視点が必要ですし、
また、違ってこの世が見えてくるのです。

プロフィール

極楽トンビ

Author:極楽トンビ
カテゴリーは哲学のつもりですが、過去の哲学の知識など持ち合わせていません。
普通の人の考えを大切にしたいのです。
ときどき、音楽でストレスを解消しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
月別アーカイブ