FC2ブログ

真・善・美だけでは生きられない

ギリシャの哲学者は人間が目指すものとして、真・善・美の三つを挙げました>
「真」を求めるということは、何が正しいかを突き詰めることです。
「善」を求めるということは、何が良いことかを突き詰めることです。
「美」を求めるということは、何が美しいかを突き詰めることです。

これだけを求めていたら、人間は生きられるのでしょうか。
そんなことはないでしょうね。
例えば、お腹が空いたとき、真善美を求めても満たされません。
ところが学校では真善美は教えますが空腹の満たし方は教えません。

学校でのほとんどの教科は「真」すなわち何が正しいかを教えるものです。
「善」を教えるのは道徳の教科でしょうか。
「美」を教えるのは美術や音楽や体育でしょうか。

もちろん、真善美を目指すことは悪いことではありません。
しかし、それは空腹が満たされているという前提があります。
空腹を満たすためにはどうしなければならないか。
目指す真善美と矛盾は生じないのか。
そうしたことを解決しておかなければなりません。

そのためにも、空腹を満たす(生存する)ための方法を教える必要があります。
「欲望のままに生きる」では答えになりません。
それでは目指す真善美と矛盾が生じてしまいます。

もう少し、学校のあり方を考え直してはどうでしょうか。
家庭での役割ももちろん大切でしょうが、
家庭といっても全国一律ではありませんので、
基本的な部分は、やはり学校で教える方がよいと思いますね。

スポンサーサイト

「私のしごと館」は必要

「私のしごと館」が閉館されることが決りました。
これまでにテレビなどで無駄遣いの象徴として、散々批判されていたものですが、
その批判の理由が、毎年10億円もの赤字を出しているからだというのです。
 
しかし、考えてみてください。
この「私のしごと館」というのは、いわば教育施設です。
ここで体験し学んだ子供たちが、将来に実をつけるものです。
 
今すぐに成果がでなければダメというなら、
義務教育なんてすぐに止めなければならなくなります。
ノーベル賞受賞者が科学技術費の削減を反対したのも意味がなくなります。
 
「私のしごと館」は今毎日子供たちで賑わっています。
教育現場の方々の評価も高いようです。
マスコミももう少しよく考えて批判してほしかったですね。残念です。
 
まぁ、まだ「私のしごと館」が完全になくなるかどうかは分からないようですので、
何とか良い形で残してほしいものですね。
プロフィール

極楽トンビ

Author:極楽トンビ
カテゴリーは哲学のつもりですが、過去の哲学の知識など持ち合わせていません。
普通の人の考えを大切にしたいのです。
ときどき、音楽でストレスを解消しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
月別アーカイブ