FC2ブログ
  • 自分の気持ちはどこまで出すか、という質問に答えていただきました。その結果は次の通りです。 選択肢                           比率  人数 1 相手の心を傷つけないように自分の気持ちを抑えることもある 63.6%  7人 2 相手の考えが間違っていると思うときは自分の気持ちを出す   27.3%  3人 3 相手の気持ちも立てるが自分の気持ちも出す          9.1%  1人 4 法律を犯さない限りは自... 続きを読む
  • 自由であればあるほど、自分が増えますね。変な言い方ですが、不自由であればその分自分が表現できないのですから、自分が減ったと言ってもおかしくないでしょう。だから人間は自由を求め、自分であろうとするのでしょう。だから「自由」とは何かを問い、その言葉に引かれるのです。「自由」と言ってもいろいろあります。行動の自由、心の自由、表現の自由、生きる自由、死ぬ自由、その他、いろいろの自由があります。一方人間には... 続きを読む
  • 上の写真は京都のJR東海道線を潜る国道24号線のガードです。もう10年以上も前から工事していたのですが、やっと工事が最終段階にきたようで、外壁の塗装などをしています。二枚の写真はそれなんですが、おかしいと思いませんか。ガードの下り坂に掛かる付近に「ここから下り坂」、下って上った付近に「ここまで上り坂」と書いてあるのです。そんなこと運転していたら分かることでしょ。しかも、走行中にはその字は(角度的に)ほとん... 続きを読む
  • かなり以前に教育のあり方について、批判めいた記事を書いたことがありましたが、そのときに次のような内容のコメントをいただきました。「私は今の教育で進学もし就職もした。他の大方の人もそれで良かったのですから、今の教育で良いのではないか」というような主旨でした。しかし、タイトルにも書きましたように、一人でも殺人鬼がおれば物騒な町になるのです。今の教育の方法では落ちこぼれる子供が出てくるのです。みんな違っ... 続きを読む
  • 他人の良さが見えてきて、自分の位置づけもできる、ちょっと出来た大人だったら、そのくらいは当たり前のことでしょう。しかし、このくらいでは神仏から見るとまだまだなんです。このくらいならまだ自分と言うものがあります。実は、自分というのは欲と自我の塊なんです。この欲と自我の塊を取る必要があります。なぜかと言えば、欲と自我がこの世界を見る目を捻じ曲げているからです。つまり、まだ本当の自分を見ていないのです。... 続きを読む
  • 議論していて負けそうになったらどうします? という質問に対してお寄せいただいた投票結果の発表です。 選択肢                    比率  人数 1 悔しいので意地を張って煙に巻く     23.1%  3人 2 相手の間違いを指摘して引き下がらない 7.7%  1人 3 黙って立ち去る               15.4%  2人 4 「見方の違い」と自説を正当化する    15.4%  2人 5 間違いを認めて自説を訂正する  ... 続きを読む
  • そんなこと簡単なことだ、と思っている人も多いと思います。だって自分ならいつも見ているではないか、と仰るでしょう。それがそうでもないのです。以前に「自分で自分をだます」という記事を書いたことがありますが、自分にとって都合の悪いことは、心にフタをして分からなくしたりします。つまり、本当の自分はなかなか見えないものなんです。それでは本当の自分はどうしたら見えるのでしょう。内観とか内省とかいいますが、それ... 続きを読む
  • キリスト教と仏教の違いは、教義をみればいくつも見つけることができますが、もっとも基本的な部分の違いというのは、やはり救い方でしょうか。神仏の存在は自分の「自我が砕かれた時に感じられるもの」です。仏教もキリスト教も自我の砕き方や神仏の存在も教えますが、どちらかと言えば、仏教の場合は主にその「自我の砕き方」を教え、キリスト教は「自我がすでに砕かれて迷っている人」に「神はここにいますよ」とその存在を教え... 続きを読む
  • もう10年以上前になると思いますが、国道も鉄道もない市町村が集まって、国に要望書を出したり、いろいろ活動をしていたようですが、今はどうなっているのでしょうか。いずれにしても、現在のように市町村合併が進むと、国道も鉄道もない市町村というのは少なくなったと思います。国道が新設されて減ったというのもありますが、市町村合併したからと言って状況はなんら変わっていないのです。にもかかわらず、国道も鉄道もない市... 続きを読む
  • 答えは簡単です。そのように決っているからです。そうなんです。これは人間が決めたことなんです。現実の世界がどうかは、この際関係ないのです。よく「1+1は2とは限らない」なんていいますが、それは現実にはその規則が当てはまらないこともある、というだけのことで、1+1=2を現実に照らして検証するものではないのです。これは人間の思考の規則であって、もし検証しようというなら、人間の脳を開いて検証するしかありま... 続きを読む

プロフィール

極楽トンビ

Author:極楽トンビ
カテゴリーは哲学のつもりですが、過去の哲学の知識など持ち合わせていません。
普通の人の考えを大切にしたいのです。
ときどき、音楽でストレスを解消しています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロとも一覧

月別アーカイブ