FC2ブログ
  • 京都という街は遺跡の上にあるような街で、中心部の方の建物を建て替えるときは、遺跡の発掘・調査から始まります。ですから新しい建物が建つまでにはかなりの時間がかかります。京都に限ったことではありません。日本は国土が狭く、しかも平坦な土地が少ないため、人の住む場所は限られています。その限られたところに先祖代々が生活してきたのですから、生活できそうなところを掘れば何なりと出てくるものです。遺跡が出てきたか... 続きを読む
  • この世界は自分を自然や社会が取り巻いています。そしてその自然や社会と係わり合いながら生きています。できれば自分の都合の良いように、自然や社会を変えたいものです。しかし、そうしようと行動しますが、思うようにならず苛立ちます。私たちは自然や社会は自分の力で変えられるものと思っています。だから自分の思うようにならないと、相手つまり自然や社会が悪いと思ってしまいます。しかし、変えられるものはもう一つありま... 続きを読む
  • 人間は個々ばらばらに主体的に行動しており、だから人間の歴史というのは、ばらばらの行為の寄せ集めであり方向性はない、という主張が一方にあります。もう一方に、マルクスに代表されるように、「労働者は資本家に勝利し資本主義は滅びる」というように方向性があるという主張があります。まず、「ばらばらの寄せ集め」という考え方に対してですが、それはばらばらの寄せ集めではなく、個性の集合体であると思えます。個々人が個... 続きを読む
  • 子供をつくるなら、親はその子供を成人するまで育てる責任があります。親は子供に、何不自由なく、ひもじい思いをしないように育てなければと思いです。しかし、そのようにして育った子供は、必要なものは苦も無く与えられるものと思ってしまいます。そんな子供がそのまま社会に出たらどうなるでしょうね。子供が怪我もせず、受験に失敗もせず、健康に育てばそれで良いというものではないように思います。むしろ失敗もし、ひもじい... 続きを読む
  • 最近はいろいろのロボットが登場して、話題になっていますが、まだまだおもちゃの域をを出ていませんね。このロボットが将来人間と変らないまでになれるのでしょうか。まずロボットが人間になるために問題となるのが、人間サイズにコンパクトにできるかということです。それから、一番問題なのが、人間と同じ能力を持つ脳をプログラミングできるかということです。ナノテクノロジーなどが発展すれば、人間サイズにはなりそうに思い... 続きを読む
  • 「そんなことはないよ。わしは凡人やが恥はかくよ。」と言われる方もあると思いますが、まあ、それは考えようで、そういう方は、その部分だけは凡人ではないのでしょうね。恥というのは、何か基準があって、その基準から外れたことをしたり、言ったりしてしまったときに、感じるものですが、凡人はその基準が最も低く設定されています。だからこそ凡人なのです。凡人には誇りにしたり自慢したりするものがありません。つまり、普通... 続きを読む
  • 知っていることというのは、親や学校の先生などから教えられたり、本を読んだり、インターネットなどで学習して知っていることで、考えたことではありません。親にしても学校の先生にしても、本を書いた著者にしても、たいていは自分よりは偉い人であり、「偉い人の言う事であるから間違いはない」と、そのまま間違いの無いものとして受け入れることが多いです。「どうしてそうなの」と聞かれて「誰それが言っていた」と偉い人の名... 続きを読む
  • 食品の栄養価についての情報番組が増えています。ある食品が健康に良い、美容に良いと放送されると、翌日には店舗からその商品がなくなる、というような騒ぎが、しばしば起きています。最近では寒天がダイエットによいと放送されて、しばらく店舗から姿を消しました。皆さんは、こういう話を信用される方ですか。私はコーヒーが好きでよく飲みますが、あまり身体に良くないと思っていましたので、「少し減らさなければ」と思ってい... 続きを読む
  • 人間の姿、それも自分の姿を見ていると面白い。つまらないことに腹を立てて怒ってみたり、つまらないことで喧嘩したり、つまらないことに感激して涙を流したり、つまらないことに喜んだり、ちょっと距離を置いて見てみると、犬がじゃれている姿に似ています。人間から見れば、犬のじゃれごとなどは他愛も無いものですが、それと同じように、神仏からみれば人間のすることなどは、他愛もないことだと思います。生きてゆく上では、苦... 続きを読む
  • 凡人の私には、タイム・マシーンを造るための技術的背景を論ずるだけの知識はありませんが、タイム・マシーンを造ることが原理的に可能かどうか、凡人的な疑問を書いてみたいと思います。タイム・マシーンは、現在から過去のある時点へ行ったり、現在から未来のある時点へ行ったりするための機械ですが、少し具体的に考えてみましょう。ある受験生が受験に失敗したとします。もう一度試験をやり直すため、タイム・マシーンを使って... 続きを読む

プロフィール

極楽トンビ

Author:極楽トンビ
カテゴリーは哲学のつもりですが、過去の哲学の知識など持ち合わせていません。
普通の人の考えを大切にしたいのです。
ときどき、音楽でストレスを解消しています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロとも一覧

月別アーカイブ