FC2ブログ
  • 人間はいつも、あるべき姿に向かって行動します。理想や名誉や栄光を求めて行動するのであり、また恥辱を晴らすために行動します。ときには虚栄を張って自分自身の存在を主張することもあります。これらはすべて自我の表れです。自我も欲望と同じように、体の内側から湧き出てくる気持ちですが、欲望は生きて行く上でどうしても必要なものであるのに対して、自我はなくても生きて行けるものです。また欲望は生まれてから死ぬまで備... 続きを読む
  • 感情とよく似た心の働きに「欲望」があります。感情と欲望の違いは、感情は外界からの情報にたいする自分の気持ちですが、欲望は外界からではなく心の内側から湧いてくる気持ちです。欲望とは、言葉の通り欲しいという気持ちですが、その典型が食欲や性欲です。この欲望は人類が生きてゆく上で、最も基本的な心の働きで、これがなければ人類は滅んでしまいます。だからこの欲望は生まれてからずっと備わっているもので、それがなく... 続きを読む
  • 判断に迷ってどう行動してよいか分からないとき、あてずっぽうに行動を選ぶことがありますが、これは一つの賭けです。あてずっぽうとまでは言わなくても、試しにやってみるなどということがありますが、これも一つの賭けです。また、まだ結果が出ていないときや、結果が分からないときなどに、その結果を見越して行動しなければならないことがあります。これも一つの賭けです。例えば、大学受験などは、その大学に合格するかどうか... 続きを読む
  • 「心の働き」の四つ目は「信ずると疑う」です。「信ずる」とは、他人の事実判断や価値判断に従うことです。誰かに相談して、そのアドバイスを信じて行動する、などということはよくあることですし、親や学校の先生などから教えられて、その教えに従って行動する、などというのもそれです。信ずるばかりではありません。疑って従わないこともあります。また、積極的にその間違いを追求することもあります。アインシュタインが相対性... 続きを読む
  • 「心の働き」の三つ目の「感情」です。「感情」は、外界からの刺激に対して直接感じる気持ちで、たくさんの種類があります。この感情は、価値判断と同じく、同じ事柄であっても、人によって生ずる感情は異なり、絶対的な感情などというものは存在しません。例えば、自分は「このリンゴはおいしい」と思っても、「酸っぱいのでまずい」と思う人もあるかもしれないのです。また感情は、価値判断と同時に表現されることもあります。「... 続きを読む
  • 「心の働き」の二つ目は「価値判断」です。価値判断とは「森林保護のため増えたカモシカは殺すべきだ」とか「動物愛護のためいかなる理由があってもカモシカは殺してはいけない」などという判断です。この価値判断は、事実判断とは異なり、上の例のように人によって判断が異なります。どちらが「正しい」というものではないのです。また、同じ人間であっても、同じ事柄にいつでも同じ判断をするとは限らないのも、価値判断の特長で... 続きを読む
  • 「心の働き」で、それを8つの働きに分けましたが、その一つ「事実判断」について述べます。この事実判断はたいした説明はいらないと思います。事実判断は、例えば「このコップは青い」とか「オリンピックは4年に一度開かれる」などのように、人によって正しい判断が異なることはない判断です。もし、異なった判断が生じたときは、少なくともどちらかが誤った判断をしていることになります。ただし、それには条件があります。その... 続きを読む
  • 人間の心というのはつかみ所がなく、一口で心と言ってもいろいろの状態があります。一般的には記憶機能とか論理機能も心の働きとしますが、ここでは行動に直接結びつく判断機能を取り上げることとします。1、事実判断 http://blogs.yahoo.co.jp/bonjinpapa/24334680.html  「正しい」「間違い」「等しい」「異なる」などという判断をする。2、価値判断 http://blogs.yahoo.co.jp/bonjinpapa/24342955.html  「良い」「悪い... 続きを読む
  • 新年ももう20日になりましたが、今年こそはと始めた日記もそろそろ行き詰まってきている頃ではないでしょうか。家計簿というのも書いてはみたが面倒臭くて続かないことが多いですね。家計簿をつけている人は、多分少しでも無駄を省こうと思って、つけておられると思います。何に幾ら使っているか、何をどれだけ減らせばよいのかなど、判断の材料にするために家計簿をつけている方が多いと思います。家計簿をつけている人の多くは... 続きを読む
  • 運転免許を取るとき、学科と実技の両方を学ばなければなりませんが、学科でブレーキの踏み方について、ポンピング・ブレーキを踏むように教わります。その理由は、後続の車にブレーキを踏んだことがより分かるように、ということのようです。しかし、現実にポンピング・ブレーキを踏んでいる人はほとんどありません。それは、そんな踏み方をしたら非常に運転がしにくいからです。へたをすると、そのために事故を起こしてしまいそう... 続きを読む

プロフィール

極楽トンビ

Author:極楽トンビ
カテゴリーは哲学のつもりですが、過去の哲学の知識など持ち合わせていません。
普通の人の考えを大切にしたいのです。
ときどき、音楽でストレスを解消しています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロとも一覧

月別アーカイブ